サービス・報酬額(税抜)

※ 申請手数料等の実費が別途必要となります。

建設業許可(知事・一般)申請

新規(個人)
120,000円
新規(法人)
150,000円
業種追加
80,000円
更新
60,000円

経営事項審査(経審)申請

経営状況分析申請
30,000円
経営規模等評価・総合評定値請求申請
60,000円
入札参加資格審査申請
30,000円

会社設立+許可申請パック  198,000円

電子定款作成により印紙代4万円が不要!

会社設立(電子定款)から建設業許可の申請手続きまでを代行するお得なサービスを提供しています!

これまで個人事業で請負工事をしてきた方も、お勤め先を退職して、新たに建設業を始める方にも、建設業許可が取れる会社設立のサポートをしています。


建設業者の資金繰りサポート

お金の流れを理解して資金繰りをコントロールしましょう!

建設業者は、個別受注生産で取り扱う金額が大きく、受注した売上代金の入金も数ヶ月先になるということが一般的です。

このため、資金繰りに相当の余裕がないと、最終的に利益がでる場合でも、途中で資金ショートして倒産してしまうリスクがあります。

また、建設機械を用いて工事を施工しますので、設備投資や事業拡大するときに、大量の資金が必要となります。

資金が足りないと、すぐに借り入れ申込みが必要と考えてしまうものですが、借り入れする前に、売掛金を回収するタイミングを早めることが可能かどうか経営判断をする必要もあります。

当事務所では、会計記帳(建設業経理)代行サービスを通して、お金の流れを理解したうえで、資金繰りをコントロールできるような支援もしています。


離婚協議書(公正証書)作成

離婚協議書(公正証書)作成
50,000円

養育費や財産分与の条件の決め方などのご相談、公証人との調整を含みます。


面談による無料相談を受付ています!

大阪府で建設業許可を取得したいけど、結局許可が取れなければ相談料がもったいない。

そんなリスクをなくすために「面談による無料相談」を受付けています。

「メールによる無料相談」takada@kazu-takada.com へ送信してください。


高田行政書士事務所の概要・アクセス

サービス・報酬額     BLOG(行政書士の散歩道)


建設業許可申請 面談による無料相談

電子定款作成(会社設立) 面談による無料相談

離婚協議書(公正証書)作成 面談による無料相談

外国人ビザ在留資格申請 面談による無料相談