建設業許可を取得するメリット

受注できなかった規模の建設工事を請け負うことができます

建設業許可を取得していなくても事業を継続できる建設業者はたくさん存在しますが、

それでも建設業許可を取得したい建設業者が多いのはなぜでしょうか?

建設業許可を取得することにより、社会的信用を得ることが出来ることはもちろんの

こと、様々なビジネスチャンスを生み出すことが可能となるからです。

建設工事の請負は、500万円未満の軽微な建設工事を除いて、禁止されています。

つまり、建設業許可を取得していない場合は、500万円未満の軽微な建設工事しか

受注することが出来ません。

建設業許可を取得することにより、建設工事の請負の禁止が解除され、これまで受注

できなかった規模の建設工事を請け負うことが可能となります。


取引先からの信用や融資の判断材料として大きな武器になります

コンプライアンス経営を行う元請業者が下請工事を発注する際に、下請業者が建設業

許可を有していることが条件の場合も少なくありません。

取引先に建設業許可を取得するよう促され取得を試みる方は非常に多いと言えます。

建設業許可を取得するには、建設業法に沿った膨大な書類を作成し、それらの書類と

申請者が適正な工事を請負、施工してきたことを証明する必要があります。

建設業許可を有しているだけで、少なくとも最低限の基盤があるということを

アピールすることができ、健全な経営を行っていると信用されます。

また、融資の申請をする際も、建設業許可を取得している場合としていない場合とでは

融資結果に大きく影響します。

建設業許可を取得するためには、一定の財産的基礎要件も必要となりますので、許可を

取得していれば金融機関の融資判断材料として大きな武器になると言えます。


公共工事を受注することができます

公共工事を受注して、より一層事業を安定させるためには、経営事項審査を受け、

公共工事の入札に参加する必要があります。

そして、それには建設業許可を取得していることが絶対条件となります。

建設業許可を取得していないと経営事項審査を受けることができませんし、当然

入札参加もできませんので、公共工事を受注することができません。


面談による無料相談を受付ています!

大阪府で建設業許可を取得したいけど、結局許可が取れなければ相談料がもったいない。

そんなリスクをなくすために「面談による無料相談」を受付けています。

「メールによる無料相談」takada@kazu-takada.com へ送信してください。




高田行政書士事務所の概要・アクセス(京阪交野市駅から徒歩2分!)


建設業許可申請 面談による無料相談