生前贈与契約(相続税対策)面談による相談!

暦年贈与 <1年間で110万円まで> 大阪府枚方市(交野市)ご相談を

「あげたつもり」なのに「あげたことになっていない」ということが多くあります。

あなたが亡くなった後、贈与ではなく相続の手続きを進めていくことになるのです。

そうならないように、遺贈する(遺言書を書く)ほうが良いかもしれません。

「面談による相談」で、そんなあなたの不安を解消しましょう!


     

高田行政書士事務所の概要・アクセス(京阪交野市駅から徒歩2分!)


贈与とは「財産をあげる」ことです。

財産をあげたい人と財産をもらいたい人の気持ちが一致すれば、贈与は成立します。

財産をあげたいと思っていても、受け取る側がいらないといえば、贈与は成立しません。

つまり、贈与とは「契約」なので、贈与事実を証明するために贈与契約書を作成しておく

必要があるのです。


               贈与契約書

贈与者○○○○は、受贈者△△△△との間で、下記のとおり贈与契約を締結した。

第1条 ○○○○は、その所有する下記の財産を△△△△に贈与するものとし、
    △△△△はこれを受託した。

     贈与財産 現金110万円

第2条 ○○○○は、上記財産を平成26年12月31日までに△△△△に
    引き渡すこととする。

平成26年10月1日

贈与者 大阪府枚方市○○町○○-○○
              ○○○○ ㊞

受贈者 大阪府交野市△△町△△-△△
              △△△△ ㊞


あなたが抱えている「不安」を解消し、さらなる「安心」を得て頂くように、

法律に関する知識が全くない方でも、わかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

ぜひ、当事務所へご相談ください!


お問い合わせ方法(無料)

平日(土曜日・日曜日・祝日はお休み) 9時 ~ 18時 受付しております。

お電話で「ホームページを見た」と言って下さい。

高田行政書士事務所の概要・アクセス(京阪交野市駅から徒歩2分!)


贈与契約書の作成サポート