ケガを治療するために必要な費用

治療費の算定

治療費は、交通事故から発生した傷害の治療に必要であれば、その実費の全額が損害として認められます。

必要と認められにくいもの

高齢者の場合は注意!

高齢者が事故により入院した場合、入院中に、事故による傷害の治療のみではなく、持病の治療を併せて行う場合もあります。

この場合は、事故との因果関係がある治療費の範囲を特定する必要がありますので、ご注意ください。

健康保険を利用する場合

交通事故による治療についても、健康保険を利用することは可能です。

被害者であるあなたの過失が大きい場合や相手が無保険の場合は、自賠責保険の枠を有効に利用するためにも、健康保険の利用は積極的に検討すべきでしょう。

健康保険を利用するには、第三者行為届(健康保険組合が加害者に対して治療費を請求するため)を提出する必要があります。


通院交通費の算定

通院交通費の算定は、バスや電車等の公共交通機関の利用料金が損害として認められます。

自家用車による通院の場合は、ガソリン代の実費相当額となります。

タクシー料金について

タクシー料金は、骨折によってバスや電車等の公共交通機関を利用することが困難な場合は、損害として認められることもあります。

付添人の交通費・宿泊費について

付添いのために必要がある場合は、損害として認められることもあります。


お問い合わせ方法(無料)

平日(土曜日・日曜日・祝日はお休み) 9時 ~ 18時 受付しております。

お電話で「ホームページを見た」と言って下さい。


交通事故被害者サポート